ストーカーへの防犯対策に探偵を利用する

ストーカーに悩まされている方は、探偵に相談してみは
平成12年にストーカー規制法が施行されて、ストーカーという行為に対する脅威が身近なものであることがわかります。年間にストーカーによる被害報告は全国で2万件ほどあります。しかし、このストーカー被害は認知されている、警察に相談や被害報告が出されているなどの事案の数で、認知されていないストーカー被害が入ると、これより更に多い人がストーカーに悩まされているのではないかと言われています。
このストーカーから、自分の身を守るため、防犯対策に力を入れる人もいます。自宅の戸締まり、防犯カメラの設置、屋外で背後に注意するといった方法で、防犯対策を取ります。
ストーカーへの防犯対策として、探偵を利用する人もいます。探偵を使った防犯対策とは、ストーカーに直接何かをするわけではなく、ストーカーによってどんな被害を受けているのか、付きまといやいやがらせの実態を調査し、探偵に防犯対策を依頼したその証拠を持って警察へ被害報告をすれば、ストーカー被害の実態を警察にわかってもらうことができて、警察に動いてもらうキッカケになります。
ストーカー被害の被害者になることが多いのが女性で、ストーカー被害を受ける人の約8割にもなります。
女性にとってストーカーに対抗する手段を持っておくことは大切です。ストーカー被害を受けていると感じることがあったら、探偵や警察に相談をして防犯の方法を教えてもらうなどの対策を取るようにしましょう。