これから始める防犯対策では、福岡を中心に防犯情報を紹介

習い事に格闘技を選ぶ理由
すぐに始められる防犯対策
防犯対策といえば、家の玄関や窓の戸締まりを一番に思い出すでしょう。戸締まりが出来ているかいないかで、空き巣に侵入される可能性はずいぶん違ってきます。
空き巣対策をしている家庭は多いと思いますが、それ以外の犯罪に対して防犯対策を取っている人はどれだけいるでしょうか。
日本で最も多い犯罪は「窃盗」で、窃盗には万引きや自転車盗難、車上荒しといったものがあります。犯罪の種類や手口が違へば、それを防ぐ方法も違ってきます。
防犯対策では、それぞれの犯罪に対して有効な防犯対策を行う必要があります。
しかし、万能の防犯対策はありません。防犯グッズなどを買い揃えることで防犯することもできますが、コストがかかります。
効率良く、防犯対策をする方法、どんな防犯対策が有効であるか、このサイトで紹介していきます。
福岡での防犯対策について
福岡は九州地方で最も人口が多い都道府県です。そして、犯罪の多い都市というのは人口が多い都市で、福岡県で発生する犯罪も多く、日本全国で見ると、ワースト3に入ることがあります。
この福岡でどのような犯罪の防犯をすればいいのか調べてみました。
犯罪には殺人や傷害暴行、強姦、詐欺などの犯罪と軽犯罪(窃盗や空き巣)などがあり、特に多いのが軽犯罪に該当する犯罪です。
軽犯罪は窃盗や空き巣などの犯罪で、これらの犯罪を予防するのが防犯対策になります。
防犯対策で、殺人や傷害などを防ぐことが出来ないのか?と考えた人もいると思います。
残念ですが、個人で殺人や傷害など犯罪を絶対に防ぐことができる方法というのはなく、本当に「自分の身は自分で守る」という状況です。
ただ、日本は他の海外と比較してもこうした凶悪な犯罪が発生する可能性は低く、凶悪犯罪から身を守る方法は、海外旅行で治安の悪い場所へは近づかない、相手を刺激しないなどの方法と同じ対策があります。
護身のために柔術や合気道を習うのも手段の1つになるのではないでしょうか。
では、個人でも出来る防犯対策について詳しく紹介していこうと思います。
個人で出来る防犯対策とは
個人で出来る防犯対策では、屋外と屋内、2つの場所で違いがあります。
屋外の場合だと、屋内と違い、あなたの身を守ってくれる壁や扉などはありません。そして、男性と女性によって、気を付けなくてはならない犯罪の傾向も違いがあります。
基本的には、周囲に気を配るというのが、屋外での防犯対策になります。
最近は歩きスマホなどで、手元に注視しすぎて、周囲のことが見えていない人、音楽を聞きながら夜の住宅街を歩く人など多く、屋外での防犯対策が取れていない人が多いように感じます。
逆に屋内の防犯対策では、窓や玄関の戸締まりは、都市部で生活している人は気をつけていると思います。
しかし、空き巣や押込み強盗などは、窓や玄関の戸締まりをしていても侵入されることがあります。
窓は、簡単に割れてしまう作りになっていないか、雨戸をちゃんと閉めているか、二重の鍵を取り付けているか。
玄関だと、急な来客や宅配便などでドアチェーンを付けて応対をしているかなど、出来る防犯対策があります。
こうして例を挙げてみると、簡単な方法かと思いますが、この簡単な防犯対策を取れていない人もいます。
防犯対策グッズを使う
防犯対策では、簡単で安心できる方法として、防犯グッズを使うというのも1つの手段です。
防犯グッズにはさまざまな物があり、使われる場所も違います。
定番の防犯グッズとしては、監視カメラや防犯ブザーがあります。
監視カメラは自宅の玄関前に設置することで、来客の姿を確認したり、カメラが設置されているということがわかれば、空き巣や押込み強盗があきらめることがあります。
防犯ブザーは外出先で、もしも後から襲われてしまったりしたら、周囲の人に危険を知らせることができます。
防犯グッズは使い方によってより高い防犯効果を発揮しますが、使い方を間違っていると、防犯グッズの意味がありません。
ここでは防犯グッズの正しい使い方についてもご紹介します。